スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物たちはエンドレスプレイの夢を見る。TOKYO JUNGLE プレイ感想



この宣伝映像を見たので買ってみました。
しばらくプレイした感じで簡単に言うと、これはトルネコやシレンと同じ系譜の「エンドレスプレイを夢見るゲーム」です。
モードがサバイバルとストーリーの二つありますがメインはサバイバル。
そもそもストーリーモード自体、「サバイバルを特定の動物でプレイしないと先が見られない」という厳しい仕様です。
中断はあるがコンティニューが無く、ゲームオーバーになればまた最初からになるんですが、チャレンジをクリアすると動物の基本性能が底上げされます。
次回プレイ時はステータスが最初から上がっているわけで、繰り返しプレイすると動物が少しずつ強くなっていきます。
また、拾った装備は次からプレイ開始前に店で買えるようになります。こういうのもシレン的。

そしてゲームプレイ。
空腹と毒に苦しめられ、獲物あるいは草を求めて街を必死に走る。
自分より強い動物に正面から対峙すると死あるのみ。敵に発見されるだけでも撒くのに時間を浪費する。空腹や毒による生命のリミットと慎重な行動とを、天秤にかけざるを得なくなる。
パーティが多ければそれだけ空腹や毒に耐えられる。だからアゲメスと交尾したい、しかしそれには山ほど捕食せねばならず、またも空腹・毒・老衰、つまり時間との戦いになる。
時間が経って寿命を迎えると即終了なので必ず交尾しないといけないが、マップに捕食対象が少ないとそれすらままならない事態に陥る。
捕食対象の多いマップまで移動している間にも、空腹と毒が動物を蝕んでいく。

補食およびマーキング → ランクアップ → メスをゲット → 世代交代。
時間制限に耐えつつこのサイクルをいかにスムーズに回し続けるか。かつチャレンジをどれだけクリアできるか。
バカゲーのような体裁を取っていますが狙いは明確、プレイヤーの状況判断そして幾ばくかの運を要求する正当なビデオゲーム。

細かいところで不満はいろいろある(インターフェイスが洗練されていない、リザルトが飛ばせない、動物種のアンロックが面倒etc)んですが、総じて中毒性のある面白いゲームです。アクションの操作難度も低いし、動物種も豊富でプレイスタイルにあった動物を選べます。
取りあえずは50年ぐらい生き残りたいんですがまだまだ…気長にやっていく予定です。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。