スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.8 Mountain Lion に備え、外部記憶装置からLionで起動できるようにしておく

ついさっきリリースされた 10.8 Mountain Lion(ML)、勢いでインストールするのも良いけど準備も必要だ、ということで、外部記憶装置からLionで起動できるようにしておく手順を書いてみよう。
現在の起動ボリュームを外部記憶装置にコピーしておけば、MLがダメだったときでもそこから起動できるので安心できる。
方法としては…

1. Carbon Copy Cloner などのソフトを使って起動ボリュームを外部記憶装置に丸ごとコピーする
起動ボリュームには不可視項目が山ほどあるので、Finderでの手動コピーでは起動するようにならない。
Carbon Copy Clonerなら起動可能なバックアップを取ることができる。

2. ディスクユーティリティを使って、起動ボリュームを外部記憶装置に丸ごとコピーする
ディスクユーティリティの「復元」タブから、ボリュームを丸ごとコピーすることができる。
ただしこれ、普通にコピーするよりも遥かに時間がかかる…

3. 外部記憶装置にLionをインストールして、インストール時に起動ボリュームの内容を移行する
時間がかからないという意味で、これが一番楽かもしれない。
まずはLionインストーラを入手する。再ダウンロード方法については OS X Lion:Lion 復元について の途中、「OS X Lion のインストール」のあたりに方法が書いてある。
ひとことで説明すると、Mac App Storeで購入タブをoption+クリック。
このページには「外部記憶装置への Lion のインストールでは、1パーティションにしときなさい」と書かれているような気がするけど、別にそんな制限はないのでパーティションを複数にしても特に問題ない。
ただし、GUIDパーティションテーブルは必須。 これでないとLionを起動できない。
そして、USB外付けディスクなどにインストールするときは、USBハブなどを介さずMacに直結して行うこと。そうしないとインストールが失敗しやすい。

Lionをインストールすると移行アシスタントでデータを転送できるので、このときに現存する起動ボリュームから転送しておけば環境を丸ごと移行できる。
また、ユーザーアカウントに含まれる各種フォルダの内容を選択的に移行できる(計算が終わるまで待つこと)ので、ミュージックやピクチャなどを転送しないようにもできる。サイズ節約。

move_assist_choice


最後に、実際に外部記憶装置から起動できるかどうかテストして、作業終了です。

MLを入れる場合は起動ボリュームを一度消去しないといけなくなると思うので、TimeMachineでバックアップを取っておく方が楽だろう。MLインストール時にTimeMachineからデータを丸ごと転送できるので。
あとは…Xcodeを新規にインストールする場合、古いXcodeをアンインストールしないといけないはず。About Xcode.pdf にアンインストールするためのコマンドラインが載ってるのでそれを参考に。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。