スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレジャーの思い出話

SEGA AGES 2500 ガンスターヒーローズ -トレジャーボックス- をやっているといろんな記憶が蘇ってくる。

小規模メーカーがゲームを開発して大手メーカーが販売を担当するという場合、開発元が前面に出されることはほとんどない。
しかし「ガンスターヒーローズ」では、その発表時から開発元のトレジャーが前面に出されていた。専門誌でも、最初から「トレジャーという新参メーカーからこんな面白いゲームが出ます!」という異例の扱いだった。
「ガンスターヒーローズ」は宣伝文句を裏切らない素晴らしい出来で、トレジャーは一気にMDの雄として認知されることになる。

トレジャーは人類を一度滅亡させるのが好きなメーカーで、「ガンスターヒーローズ」では破壊神によって文明が滅び、「レイディアントシルバーガン」では石の力で地球表面が全滅+有史以前から人類進化をやり直し、「エイリアンソルジャー」に至ってはラウンド2クリア後に何の脈絡もなく地球爆発と、事あるごとに人類が滅亡する。
「エイリアンソルジャー」は制作担当NAMI氏の述懐によると未完成のまま発売された(制作が長引きすぎた)そうで、タイトルデモでストーリーの詳しい説明が流れるのにプレイ中のストーリー説明がまったくない。そのためラウンド2(地球爆発デモ)以降のストーリー展開が意味不明になってしまった。
※ 地球爆発は主人公の予知で、それを食い止めるための戦いがラウンド3,4で展開されている、ように見えるが真相はいかに。

トレジャー前川社長のコラムで「ダイナマイトヘッディーは今やるとプレイ時間が長過ぎる」というくだりにちょっと笑ってしまった。
当時ガンスターヒーローズで「ステージ5は確かに長過ぎますね。反省しています…」と言っていたのに、次のダイナマイトヘッディーにもまた長いステージがあったし、レイディアントシルバーガンはアーケードゲームとしてはプレイ時間が長過ぎたのでステージを選択制にしていたし、グラディウスVは1周するのに1時間かかる… トレジャーの、ありったけ詰め込む癖は昔から変わっていない。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。