スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム感想:哭牙

哭牙 公式サイト

G.revの新作「哭牙」をプレイしました。
戦車ゲームです。プレイヤーが車だったり戦車だったりすると面倒な操作感覚(前進、後退、旋回)になるんですけど、この哭牙は多脚砲台なのでどの方向にでもスムーズに移動でき、自然な感覚でプレイできます。

伝説のSTG「斑鳩」と同じディレクターなのですが、目指しているところはかなり違います。
哭牙では、斑鳩のようなシビアなプレイは求められません。戦車ゲームなのでゲームスピードは緩め、任意スクロールなので敵の布陣をヒット&アウェイで削るような動作もできるし、「どの場面でどのカードを使うか」が最重要戦略になっています。そしてカード出現順はランダム。
そして、この手のゲームにありがちな、商品寿命を延ばすための要素がほとんどありません。
ステージ開始位置も任意なら選択ルートも任意、その気になればトータル2面でエンディングを見られる。タイムアタックもなし。特定のミッションをこなすようなモードもなし。
またステージデザインを見る限り、マルチプレイがかなり重視されています。ゴールまでのルートが二股に分かれていたり、中ボスが画面の四隅にいたり。ボスの中にもマルチプレイを意識したものが存在してます。

…おそらく、哭牙は「遊び方は君たちで決めればいい」と、いい意味でユーザーを突き放しています。
ステージの難度やクリアへの道程は自由に決めればいい。
多人数でワイワイ騒ぎながらプレイできるように、敵の残数やゴール方向は表示しない。時間制限も設けない。ダウンロードプレイで4人まで参加OK。
ランダムなカードの引きに一喜一憂し、たまには運を天に任せてもいい。
ステージを彷徨うはめになったりボス戦が長引いたりするようなら、最適な道順やボスを早く倒せるカードを自分なりに見極めればいい。

ユーザーを信頼して遊び方を任せる。哭牙は他とは少し違うベクトルで "志が高い" 。
適度に難しく適度にゆるいのでついつい遊んでしまう麻薬性もある、良いゲームです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。