スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルドがレジからメニュー表を無くしたらしい

マクドナルドがレジからメニュー表を無くしたらしい、レジのテーブルに貼ってある一覧表のことだろう。
客単価を上げるためとか、視覚障害者には買いづらいとかいろんな考察が出てます。

…んで、わたしが行く飲食店の形態を思い出してみると、そもそもレジにメニュー表がある店が少ない。
・うどん屋 = 上の方にメニュー表が飾ってある。並んでいる間に決めておいて、注文してうどんを受け取ったのち清算。
・ファミレスやラーメン屋 = 席に座ってからメニュー表を見て、店員を呼んで注文。食べたあとで清算。
・屋台 = 屋根?からメニューを書いた短冊がぶら下がってる。買うものを決めてから屋台に近づいて注文、清算、受け取り。
・食券方式 = 食券を取りあえず買う。券売機の前で決めたり、そこに至るまでに決めておく。そのあと券を渡して受け取り、席へ移動。
レジにメニュー表があるというと…ファストフード、スターバックス、映画館の売店など。どれも舶来文化なのは偶然だろうか。

ファストフードは特に、普通の食堂なんかと比べると、
・写真が付いてないとどんな食べ物か分からない!
・セットメニューも複雑でどれ頼んでいいのか悩む!
・商品バリエーションが多くてしかも横文字だらけなのでスムーズに注文できない!
というボトルネックが強烈である。(あくまで個人的な感想です)
つまりメニューを決める・注文するところで必ず時間を取られるから、レジにメニュー表があればもちろんレジで流れが滞るだろう、と。
かといってうどん屋や屋台のような表示にするにはメニュー構成が複雑すぎるしお洒落感も落ちるし…上手い解決方法を思いつかない。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。