スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプコン「ロストプラネット」プロデューサーの言葉

arstechnica:Lost Planet producer talks about American vs. Japanese game developmentより。


日本ではRPGが人気だと言われますが、売れているのはDQシリーズとFFシリーズです。
この2つに並んでいる有名RPGシリーズというのはありません。
DQとFFは何があっても売れてますけど。

この状況が続けば、日本のデベロッパーは少数のフランチャイズに頼るしかなくなるでしょう。
日本のデベロッパーは、新しい領域を探検したり、新しいジャンルを切り開いたり、世界に通用するものを作ろうとしたりしなければなりません。
私たちはカプコンでそういうチャレンジをやりました。もっと多くの日本のデベロッパーがこういうチャレンジをしてほしい願っています。
西洋のデベロッパーからは多くのことが学べます。
なのに、日本のいくつかの会社は自分たちがまだトップにいると思っています。
データを見れば、アメリカとヨーロッパで日本のゲームは3分の1のシェアしか取れていないことが一目瞭然なのにね。
だから、日本以外に全く目を向けないデベロッパーがいるというのは不思議に思います。




西川善司の3Dゲームファンのための「ロスト プラネット」グラフィックス講座
も併せて。
日本国内のゲーム販売低迷により、海外志向が再び高まってきている。
過去、こういった海外志向の高まりは何度かあったが、今回は日本のデベロッパーの力がかなり弱まっているので、国内志向への揺り戻しが2度と起こらない可能性もある。
ハイエンドゲームは海外向けタイトルのみ、国内はWiiやDS、携帯などのミドルゲームばかりという状況になるかも…

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。