スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局日本では、次世代機に完全移行できなかった

2012年10月25日(木)決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 を読んで。

ハード占有率グラフを見てると、日本でのPS3・Xbox360の占有率は、米国や欧州の半分ぐらいしかない。
つまるところ、この6年の間、いわゆるHDゲーム機は最後まで波に乗れなかったということになる。
PS2あたりから言われていた、ゲーム機が高性能すぎて開発の負担がヤバいことになるという懸念が現実に起きた。PS3が発売されてからメタルギアソリッド4が出るのに1年半。FF13が出るのに3年。GT5が出るのに4年。
Windowsで既にHD開発ノウハウのあった海外勢に対して取り返しのない差がついてしまい、海外で存在感を出せなくなった。
任天堂は開発パワーゲームを避けWiiとDSを出して成功した。「ゲーム市場を拡大する」という言葉通り、"任天堂の" ゲーム市場を拡大した。ライトユーザーという言葉ではもうくくれない、直感的でソーシャル的で人間本能に直結したゲームの台頭。そうではない従来型のゲームはニッチになり、据え置き機においてサードパーティの居場所はとても狭くなった。
不景気は続き、2007年からのiPhone登場によって携帯ゲーム市場は加速し、据え置き機に未来は無いといわれる現在。たぶんもうしばらくしたら、ゲームプラットフォームはハード非依存のサービス形態に変化せざるを得なくなる。そしてサービスを動かすOS、つまりAndroidやiOSやWindowsに首根っこ掴まれたままのモノに成り下がる。
さようなら、古き良き日々。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。