スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃撃戦ゲームが好きなのは銃撃戦が好きだから

【コラム】なぜ人は敵を銃で撃つゲームが好きなのか? を読んで。
この文章を読んでいると、全米ライフル境界の声明文を思い出す。いかに銃が素晴らしいものであるかを滔々と述べたあれ。
銃撃戦ゲームが好きな理由は、銃撃戦が好きだからです、再帰的だけどここから先はない。
銃撃戦がなぜ好きか? ということだともっと暗い部分に踏み込むことになるかもしれないけど。
ゲーム脳の論評と同じで、理にかなっているから面白いなどというのは銃撃戦大好きな自分を肯定するための方便にすぎません。戦略性? 反射神経? 知力? それFPS限定じゃないですし。
FPSに限らず、娯楽が受け入れられる理由というのはもっと根源的なところにあり、身体にいいとか頭の体操になるとかボケ防止になるとかいうのは補助的なものです。それは始めるきっかけにはなるかもしれないけど、娯楽を楽しんでいるその瞬間はもっと根源的なものを感じているはず。
ただ、背徳的ともいえる行為をおおっぴらに好き好き言うと社会との軋轢が発生するので、この記事のように銃撃戦ゲームのポジティブな面を強調しておくのはアリだとは思う。

comment

管理者にだけメッセージを送る

音楽家の惠藤憲二と申します
日記いいですね
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。