スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペースハリアーは永遠の憧れ

Nintendo3DSで3Dスペースハリアーが登場して一部で盛り上がってるわけですが、若い方から見るとなんで中年どもが20年以上前のゲームにワイワイ言っているのか分からないかもしれません。
私も自分が知らない古いもの、80年代前半のナムコ黄金期とかYMOとかをいまこの現在に騒がれてもピンと来なかったりするし。
というわけで、そのへんを何とか伝えようとしてみました。

1. 技術的な "スーパーカー"
スペースハリアーは1985年に出荷されましたが、当時の技術水準で3Dゲームを作った場合、いまいちなものしか作れないというのが普通でした。
グラフィックでいうと、ワイヤーフレームだったり単色ポリゴンだったり。
動作速度がとにかくモッタリだったり、1対1のボール押し込みゲームみたいなものしか実現できなかったり。
セガが少し前に出したハングオンも、技術的には「家庭用ゲーム機でも何とか作れるもの」であって、そこまでのインパクトはありませんでした。現在ハングオンの話をすると例のバイク形筐体の話ばっかりされるのがいい証拠です。
ところが、スペースハリアーはそんな常識をことごとくぶち壊して現れました。
同時発色32000色の美麗なグラフィック。60fpsで展開する高速戦闘。ドラゴンなど巨大キャラクターのなめらかな動き。レースゲームと違い画面いっぱいを使って動く自キャラ。そして自キャラの高度に合わせて視点も上下する見事な疑似3D。
現在のハード性能から見ると取るに足らないかもしれませんが、当時のプレイヤーからすると、軽自動車で満足してたらF1マシンが殴り込んできたぐらいのインパクトがありました。
つまり、スペースハリアーというのは憧れのスーパーカーのような存在なのです。
スクウェアもナムコもコナミもこのゲームに憧れたし、その他にも多くの開発者が他のハードであれを再現しようと試みました。その憧れの感情が、いまになっても支持される最大の理由です。
当時はセガが自社タイトルの囲い込みを重要視してなかったためスペースハリアーは多くのハードに移植されることになりましたが、完全移植は11年後のセガサターンまで実現しませんでした。そのくらいオリジナルが化け物だったということです。

2. 古びないゲーム性
セガ体感ゲームにはいろんなタイトルがありますが、その中でもスペースハリアーのゲーム性は現代でも通用するものがあります。
画面奥から迫る敵を撃ち、弾をかわし、障害物を避ける。それらが60fpsかつハイスピードで展開する。ゲームルールを知らない人でも短時間で理解できる分かりやすさと迫力があります。
そして遊びやすさについてもちゃんと工夫されています。ラフに狙ってもこちらのショットがちゃんと敵に当たる補正があったり、敵の出現・敵の弾発射・敵弾の通過など敵の起こすアクションすべてに効果音が付けられているので画面が見にくくても状況がある程度つかめるようになっています。スタートから一定時間はいくらミスしても残機が減らない仕様もあります。このあたりの配慮は、後発の体感ゲームよりも格段に優れています。
そんなわけでスペースハリアーは、いつ遊んでも古びた感じがしないのです。

…とこんな感じで、スペースハリアーというのは「いまプレイしても十分遊べる、かつての憧れのスーパーカー」なのです。このゲームが騒がれる理由が少しでも伝われば幸いです。
いまならNintedo3DSで立体視対応のスペースハリアーがプレイできます。裸眼立体視のスペースハリアーは新鮮な驚きがあり、オリジナルから27年たってなお我々を興奮させてくれるのです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。