スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想的なエレベーターの開閉ボタン

間違えやすい「エレベーターの開閉ボタン」をデザイナーたちがリデザインしてみた【JAYPEG】 - NAVER まとめ を読んで。

間違える原因は以下のような感じだろうか。
・ボタンが二つある
・パッと見て判断しにくい(アイコン、漢字、どちらも)
フリック操作にしたり、ボタンの大きさを変えたりといろんなアイデアが出てる。
海外では開くボタンしかないエレベーターもあるらしい。

ところで、エレベーターの扉の状態というのは「開いている」「閉まっている」のどちらかしかない。
厳密に言うと「開いている、または閉じている途中」というのもあるけれど。
二つの状態を行き来する= トグル操作なんだから、そもそもボタンを二つ用意する必要がない。
ボタンは一つにしておいて、
・扉が開いている = 押すと、扉が閉まる
・扉が閉まっている = 押すと、扉が開く
という動作にすればいい。

こういう動作になってるボタンは世の中にいくらでもあるはずだけど、エレベーターの扉開閉がなぜトグル操作になっていないのかはよく分からない。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。