スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"The Point-and-Shoot Camera" をどう訳すか

スマホの普及で、オートフォーカスカメラが存続の危機 - WSJ.com を読んで。

翻訳記事が何かおかしいと思ったら原文にあたるのが鉄則。

The Point-and-Shoot Camera Faces Its Existential Moment - WSJ.com

原題は The Point-and-Shoot Camera と書かれている。Wikipedia英語版で調べると、複雑な操作なしにワンアクションで撮れるカメラのことらしい。
カメラというのは本来いろんな操作を経て初めて撮れるというメンドクサイ代物だ。ピントを合わせ、露出を計り、それを元にシャッター速度と絞りを決めて、ようやっと撮れる。
それだと万人が扱えないということで、そういう知識や操作を必要としないカメラが登場した。大胆にもピントとシャッタースピードを固定してしまい、絞りは光電素子により自動調整する。狙って (point) シャッターを切りさえすれば (and shoot) 撮れる、夢のカメラだ。
近年の point-and-shoot camera といえば、それは全自動カメラのことを指す。オートフォーカスで自動ピント合わせ、自動露出、シャッター速度や絞りもモードにあわせて自動決定される。

コンパクトデジカメは全自動で一般ユーザー向けのものが大半を占めるので、「コンパクトデジカメ」と訳してしまえばそれは point-and-shoot camera とほぼ同義かもしれない。
しかしそれだと、原文にある「the classic compact, or "point-and-shoot," 」がスムーズに訳せなくなる。
「classic compact」と「point-and-shoot」が違うものとして並べられているからだ。

じゃあどうする? 答えは簡単、日本語には「point-and-shoot」に対応する言葉がちゃんとある。「バカチョンカメラ」と訳せばいい。
「馬鹿でもちょんでも撮れるカメラ」を意味するその言葉は、point and shoot すなわち "狙って撮るだけ" というニュアンスにぴったりマッチしている。


以上が、point-and-shoot を「オートフォーカス」と訳すしかなかった理由だろう。

comment

管理者にだけメッセージを送る

「チョン」って

 「チョン」って元々朝鮮人差別の意味ではなかったそうですが、そういう意味で使ってしまう差別者が言葉を貶めてしまったんですよね。

Re: 「チョン」って

起源は確かに朝鮮と関係ないんですが、差別語と被ってしまったのでもう使えないのでしょう。

>  「チョン」って元々朝鮮人差別の意味ではなかったそうですが、そういう意味で使ってしまう差別者が言葉を貶めてしまったんですよね。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。