スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤十字国際委員会「ゲームにも国際人道法の概念を組み込むべき」

赤十字 戦争犯罪でゲーマーを罰することを求める: The Voice of Russia を読んで。

赤十字国際委員会による原文はこちら。
Video games and law of war - ICRC
主張としては、ゲームにも国際人道法の概念を組み込むべきというもの。

例えばGTVやスカイリムなどでは暴行、殺人、窃盗など、プレイヤーが望めば望むだけの無法が可能になっている。
そんな行為に対して両ゲームともノーペナルティではない。法律はゲーム内にも存在しており、犯罪者は警察に地の果てまで追いかけられて射殺されたり、懸賞金をかけられて行く先々で咎められ冒険に支障を来したりする。

そして、戦争とは何をやっても構わない無法状態である! というわけでもない。赤十字によって提唱された国際人道法は戦争の手段あるいは民間人や捕虜の扱いなどを規定していて、日本も加入している。
赤十字国際委員会が今回のようなことを言い出すのは、FPSに代表されるような戦争ゲームの表現力が向上している現在、「戦争ってそもそも無法でしょ? 国際人道法? 何それ?」みたいなスタンスのゲームが今後リリースされ続けると、「捕虜や民間人や医療従事者を虐殺しても構わないでしょ戦争なんだし」といった勘違いを補強することにつながって良くないという懸念から。

現実を舞台にしたゲームだと「それ犯罪です」というのは分かりやすい。んで今回のように国際人道法の存在をそもそも意識しないゲームが多いということは、海外の開発者にとっても戦争とは馴染みの薄い出来事だということだろう。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。