スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swift言語の勝手翻訳について

Swift言語のAppleドキュメントを勝手に翻訳する話があるらしい。

1.
オリジナルの著作者に無断で翻訳することはできません。著作権法に引っかかるため。

2.
過去、Appleの開発ドキュメントを勝手翻訳するプロジェクトが興ったときに、Appleからやめてくださいと言われた事例がある。
開発文書のように随時更新される類いの文書は、翻訳も同じように随時更新しないといけない。外部の勝手連が翻訳する形態はその辺をクリアしないと問題が起きる。

3.
翻訳プロジェクトを立ち上げるときは、ある程度の分量を翻訳してから協力者を募るべき。
また、翻訳する能力が乏しい人間、例えば当該言語のネイティブではない人が中心に座ると品質に支障が出るので良くない。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。