スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江田島 艦これオンリー(或はスタンプラリー)に行きました

6/29 江田島(えたじま)の海友舎(かいようしゃ)で行なわれた艦これオンリーに行きました。
広島での艦これオンリーはたぶん3回目。大和ミュージアム、呉ポー、そして江田島と、海軍ゆかりの場所が選ばれてます。
※ 呉ポーは直接の関係はないけど目の前に江田島がある

etajima_only_poster

今回は海友舎の周りを中心に、いろんな施設を回るスタンプラリーがありました。
海友舎が狭いこともあり参加サークルは少なめ、その代わりといってはなんですが空き時間に江田島観光を楽しんでもらおうという地域密着イベントの体裁です。
朝一で整理券を受け取ればオンリー開場まで時間的余裕があったので、すぐ近くの第1術科学校を見学した人もいたと思います。

入場証 兼 スタンプカードは呉からのフェリー発着場がある小用港(こようこう)で配布してました。
呉からのフェリー降り場の真正面で待っているのはいいんですが、フェリー以外の手段で来ると配布場所が分からないという最初のトラップ。
小用港はかつて榛名が大破着底した場所です。すぐ近くの江田島公園に戦艦榛名の戦没者慰霊碑があるんですが寄る暇は無し…

スタンプラリーに従って江田島ツーリング。14カ所中8カ所回ってスタンプを集めるとクリアファイルが貰えます。海友舎の周りだけで8カ所コンプはできるけど、あえて遠いところに行ってみました。
広島の艦これオンリーはずっと晴天に恵まれていて、今回も前日は雨だったのに当日は晴れて真夏の暑さに。
スタンプラリーで歩き回ると汗がだらだら出てきます。



・江田島八幡宮

etajima_only_shrine01
海友舎から南に歩いて10分ぐらいのところ。急な階段の上にある神社。

etajima_only_stamp
スタンプはこんな感じで設置されてました。



・第1術科学校が見える場所
etajima_only_school

江田島八幡宮から、急な坂道を上っていくと第1術科学校の全景が望める地点へ。
夏の季節にここまで登ってくるのはかなりの労力です。



・軍艦利根資料館

etajima_only_tone01
巡洋戦艦 利根が大破した地点のすぐ近く。
乗組員、艦の備品、当時の記録など、狭いながらもいろんなものが展示されてます。
ここに限らず、展示をじっくり眺めていると艦に対して愛着が湧いてくるのは艦これ効果なのかも?

etajima_only_tone02

etajima_only_tone03

資料館の展示で初めて知ったのですが、呉で大破着底した大型艦船はドックに一度曳航してから解体されていました。



・砲台山

etajima_only_houdai01
この写真は山頂近くにある 三高山砲台跡。
砲台跡や火薬庫跡、兵舎跡などがある、かなり広い史跡です。廃墟好きには良いかもしれません。

ここで二つ目のトラップ。スタンプが見つけられない!
etajima_only_houdai02
写真の左側にある南部砲台跡から、さらに左に進めば山頂だったらしい。
スマホで地図でも検索できれば発見できたかもしれないけど残念ながらガラケーなのでした。発見できないまま山を下りることに。

etajima_only_houdai03
三高山砲台跡 駐車場からの風景。瀬戸内の多島美が素晴らしい。

江田島は広島県が最近推しているサイクリングルートに入っています。
最近の自転車ブームに合わせて、瀬戸内の風景を楽しみつつ自転車で走ってもらおうという試みで、この日もサイクリストをよく見かけました。
スタンプラリーに挑むガチ勢サイクリストもいたような?



・海友舎の周り

砲台山から、江田島の武道館へと移動。
武道館から歩いて10分かそこらの場所に会場である海友舎があります。
武道館の目の前にある江田島銘醸もスタンプラリーの場所。入ってみればそこでは「古鷹」の名を冠する地酒が販売されてました。

etajima_only_osake01
大吟醸と純米酒…どっちにしようか悩んだけど純米酒に。

etajima_only_route01
会場となる海友舎は住宅地の中にあり、そこへ至る道は非常に狭く入り組んだ生活道。
ゲームと同じく、妖精の導きを頼りに会場へと歩きます。

etajima_only_cross01
今回のオンリーのカタログ表紙、そのモデルになった場所が路の途中にありました。
階段を上って左に進めば古鷹山の登山道入口。
登山道入口には古鷹に扮した方がスタンプを持って待っていました…炎天下の中ご苦労様。



・海友舎

etajima_only_kaiyousya01

etajima_only_kaiyousya02

明治時代に建てられ、水兵たちの憩いの場として使われた建物。100年以上ののちオンリー会場に使われるという不思議な縁。
木造モダン建築ならではのレトロな内装、そして狭く入り組んだ内部と、雰囲気のある建物です。即売会がなにか若き文士たちの集まりのような感じに。
2階にはコスプレ撮影スペースもあり、畳敷きの部屋で艦娘たちが寝そべってたりしてました。

庭では大和に扮した方がかき氷を売り、術科学校の生徒さんがセーラー服で訪れ、スタンプラリーの場所を尋ねて参加者たちが江田島の狭い街をあちらこちらと探索。妙だけど楽しいオンリー。

訪れたのがかなり遅かったので狙い目のモノは無くなってるかなと思ってましたが、なんとか残ってました。
桐沢提督の広島巡り きりっぷる、梅屋さんの呉空襲記録やまるゆ小冊子など。他にもいろいろ。
きりっぷるは前回に引き続き作者コメントの大幅加筆があったり、まるゆ小冊子ではまるゆが幸運を運んでくる理由の考察があったり。まるゆと原爆との不思議な関係…



・江田島 ふるさと交流館

ふるさと交流館/ひろしま観光ナビ
スタンプラリーの場所に指定されていた休憩所ですが、雰囲気のある1階、2階は資料展示部屋に休憩和室。時間があればもっとゆっくりしたかった。
資料展示は少ないながらも充実しています。当時の軍服、海軍艦艇の沈没場所マップ、そして戦艦日向の艦内で発行されていた「日向新聞」のコピー。陸奥の引き上げ記録。
陸奥が爆沈した理由はいろいろ取りざたされたようです。資料にあった新聞スクラップでは放火の可能性を指摘しつつも、年月が経って調べようもないので幕引きにしたほうが穏やかであるという話になっていました。

etajima_only_hurusato01
引き揚げられた陸奥の主砲塔。でかい



・スタンプラリー終了

etajima_only_tresure01
スタンプラリー完遂、武道館に戻って無事に景品のクリアファイル2枚を頂きました。
クローズアップされている艦娘はいずれも江田島に由縁のあるものです。江田島で大破着底した利根や榛名、江田島にある山の名前を持つ古鷹。大沖さんデザインファイルの背景は第1術科学校。


江田島のような地でオンリーをするというのはかなり難しい試みだと思うんですが、即売会単体ではなく観光と絡めて楽しんでもらおうという試みはとても良かった。
江田島や呉の土地柄と艦これという題材の組み合わせだから実現できた今回のオンリー、楽しかったです。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。