スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦娘は魔法少女である - アニメ艦これ 第1話を観て

※ 以下の文章はもちろん妄想です。

アニメ艦これが始まりました。
艦これというゲームは構成要素が雑多で、基底に流れるミリタリー要素、イラストレーションや擬人化が醸し出すファンタジー感、そして背後に流れる史実と、いろんな魅力があります。
で、アニメスタッフは艦これをどう見ているのか。
これについては発進シーンの意味を考えると何となく分かってきます。

アニメ艦これの発進シーンでは、人間は水上にいて、水底から艤装を鎖で引き上げてきて装着するというもので、ゲームプレイヤーからするとかなり意外なもの。
ゲームではそもそも船の擬人化なので、艤装を水中で保管しているイメージはない。部屋の中で艤装を手入れしてたりするし。
なぜこんなことになっているのか。それは、深海棲艦と艦娘は同一の存在だから。
つまり、
「沈没したかつての船 → 深海棲艦が生まれる → 水上に上がってきて人類に仇なす」
なので、同一存在である艦娘の艤装もまた、水中こそが本来の存在場所なのだ。
ところで、鎖で縛り付けて水底に保管するというのは、基本的には地上に出してはいけないものを封印する方法です。
あの発進場所は場面の暗さや鎖の乱雑さなど不気味な雰囲気があり、艤装はおそらく呪われた魔法装備のような位置付けなのだろう。
冷静に考えれば、かつて海に散った者達が怒りで人類を襲い、それに対抗するため同じモノを人類側に付かせて戦わせているデビルマン状態であり、そんなものがポジティブな存在であるわけがない。

というわけで、アニメの艦娘は軍艦ではなく魔法少女だ。
だからアニメ版の戦闘はおそらくストラテジでなくエモーションで決まる。
軍艦種別による分業、兵装の用途そして使い分け、理に通った戦術。それらはことごとく放棄され、個々人の想いや意志が勝敗を決める世界が展開される。
そして、呪われた敵と表裏一体の存在であることがクローズアップされる。艦娘は轟沈して深海棲艦になり、深海棲艦が倒されて艦娘が生じる、この輪廻を描くために誰かが一度は轟沈するかもしれない。

個人的には、この手の作品はエモーション一辺倒ではなく、ストラテジとエモーションが程よく混ざっているほうが好ましいと思っていた。ガルパン、アルペジオ、そしてスト魔女ですら一定のストラテジを持っている。
しかしアニメ艦これではストラテジが無視されミリタリー成分は表面的なものに留まり、深海棲艦と艦娘との関係が主軸となるシリアス魔法少女モノとなりそうだ。

表裏一体…シリアス魔法少女…幻影…太陽…頭の中で何かが

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。