スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想:アニメ艦これ

アニメ艦これが終わりました。シナリオや設定が水準以下で見るのが苦痛でした。
やってはいけないことを全部やってると言われるのも無理はない。

>因果律がおかしい
手の中にあるはずのコインが消える、こんな手品に驚くようになるのは幼稚園ぐらいからか。
原因があって結果があるというのは子供でも理解している普遍の原理。
「受け手が何を知っているかを知る」のはとても重要だ。人は自分の知っていることしか理解できない。だから子供でも知っている因果律は必ず守らなければいけないはずだが、アニメ艦これはそれが守られていない。
主人公が何の理由もなく海岸に立っている、それまでいなかった主人公が突然現れる、艤装が突然出現する。鎮守府が突然空爆される。
仲間の死を乗り越える二人、最初の一歩を踏み出す箱入り娘、そういう "場面" を描くために因果律が無視されるので混乱を招く。まず好きな場面を削れ、という格言の意味がよくわかる。

>架空戦記であることがわからない
シナリオの最大の問題点は、これが架空戦記であるという説明がないこと。
時代背景を示すものが劇中に出てこないので架空戦記であることがわからないし、太平洋戦争が実際にどう推移したのか知っている人もかなり少ない。現代劇だというならなぜ史実と同じ流れを辿っているのか説明が必要だがそれもない。運命のくびきとか最終話近くで急に言われても困るだけ。(前述の因果律の項を見返してほしい)
ゲーム艦これを架空戦記だと思っている人はほとんどいないだろう。確かに当時の海戦をモチーフにしてはいるが、ストーリーが存在しないし艦娘が史実通り沈むわけでもないし舞台は現代っぽいので、それらはモチーフ止まりであるというのが共通認識のはずだし、架空戦記を求められてもいないのだ。

>戦闘シーン
深海棲艦のサイズが不明。攻撃力も不明。作戦の大目的も不明。深海棲艦が人類に危害を加える描写なし。鎮守府の組織のあり方や体系もタイムテーブルも不明。
艦娘がどうやって任務をこなすのか、どうやって戦うのか、考証がまったく為されてないからこうなってしまう。
艦娘の移動速度はどのぐらいなのか。隊列を組む際にどのぐらい個々の距離を開けるのか。砲撃の射程はどのぐらいか。雷撃時はどのぐらい敵に接近するのか。艦種によって立ち回りがどう違うのか。
これら全てに考証がなく、結果的に戦闘シーンは密集した艦娘が電車ごっこのように移動して立ち止まって砲撃するというギャグになっている。
艦娘の発進シーケンスを魔法少女の変身っぽく描写するようなミリタリーセンスの欠片もないスタッフに何を言っても無駄ではあろうけど、ゲーム艦これは一応その辺の要素が魅力の一つなので無視してほしくなかった。

キャククターデザイン、作画(動画を除く)、音楽、声優の演技、江田島や呉を思い出させる鎮守府の風景、そしてOP曲は良かったと思いました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

初コメ失礼します♪

最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗)

ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど
waveriderさんのブログ良いですよね。
読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(o´∀`o)

だからもっとお話させてもらえたらなって(*´∀`)b
そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして!

waveriderさんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。
ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪

このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。
嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。

突然すみませんでした。
連絡もらえるの待ってます( ´∀`)
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。