スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Splatoon ちょっとやってみた

期待の新作Splatoon、ついに発売されました。
2時間ほどナワバリバトルをプレイした感想です。

以前HALO reachをやったときはもう全然ダメだったけどSplatoonはそうでもない。
シューター対人戦で相手を倒すのはかなりのスキルが必要だがSplatoonは倒さなくても塗りでポイントを稼げるのが大きい。相手が近くにいなくてもインクを撃ちまくってよいのは非常に爽快だ。
世界設定についても、キュートとクールが同居していて残酷描写もなく素敵なものになっている。

初期武器のわかばシューターからいわゆるアサルトライフルであるスプラシューターに乗り換えるとこれがもう全然活躍できない。照準を合わせる能力、いわゆるaim力が要求されるし、インク切れは早いし、スペシャルウェポンが敵に当たらない。これはハズレ武器なんじゃないか?そう思った時期が私にも(略)
ブキはいろんな種類を買い揃えていく流れで、目を引くのがエイム力を要求しないブキがあること。スプラローラーはその最たるもので近距離に強く床塗りは歩くだけで実に快適。
でも意地はってスプラシューターを使い続けて負けが混んでくると、自分のやり方が間違っていたことにだんだん気づいて来る。
私のaim力だと接近戦でわかばシューターにすら負けるので距離をとる。サブウェポンは相手の通り道を塞ぐように置く。スペシャルウェポンは地形をある程度無視して飛ぶのを利用して遠距離からテキトーにぶっ放す。

ポイントは「相手をしつこく狙わない」ことだった。所詮はシュータービギナー、aim力ははっきり言ってしょぼい。だがこのゲームでは相手の周りあるいは通り道にインクをばら撒けば相手の邪魔ができるので、その点を重視するとこのブキの良さが見えてくる。
中距離あるいは高所からインクを撒く、吸着ボムを置いて相手を退かせる、遠距離からスペシャルウェポンで床を一気に塗る。嫌がらせ能力が地味に高いのだ。

Splatoonのインクバトルではこのような、シューターにおける戦略要素が初心者でも気付きやすくなっている。
ホットスポット制圧のインパクト、リスポーンの時間ペナルティ、相手を好き勝手に歩き回らせないことなど、キル以外の戦略重要性がインクによって可視化されるのだ。
立ち回りの結果は直ちに「相手が好き放題インクを塗る」「味方がガンガンインクを塗る」「相手色に染まった床を塗り替えす」というビジュアルな結果に跳ね返る。アイデアの勝利!

Splatoonは、最初は少なめの内容にしておいて反応を見つつ徐々に増やしていくというイマドキの戦略なので任天堂としてはここからが勝負の始まり。
新ステージ、新ルール、イベント、どういう形を取ってくるか楽しみながら待つことにしよう。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。