スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tumblrを始めました

waveriderの写真
写真撮影の意欲を維持するために。

手持ちの写真サイズでちゃんとアップロードできるのを確認したので、URLを示します。
reblogも引用もしない、自分で撮った写真をupするだけのTumblr。
Flickrよりも使いやすいのでこちらにした。

テクノフォッビア~!

ジュリアナ全盛の頃、そんなタイトルの音楽があった。

「テクノフォビアの前に、技術や法を知れ」ですか。
「一度オートマトンを起動したらそれは人間の意思を介在させずに動くんだから、オートマトンの作り主ではなくオートマトンについて議論してください」
って言ってるように聞こえるんだけど。
機械仕掛けの神を作って“神は不可侵なのでどう受け入れるかが問題なのです”とかのたまうわけ?三文SF小説みたいだな。
そのオートマトンを作った人間、あるいは団体、彼らの有り様こそが問題の中心なのに。

Tumblrについて

1.
著作権者にとって、広大なネットのどこかで行われている侵害を探して対応するというのは大変にコストがかかる。砂山の中から針を探すが如し。
そもそも、コンテンツ製作者に対して消費者の数が多すぎるってのもある。数の暴力。

2.
大抵のTumblr使用者は、大量かつ多様なコンテンツをコピーしている。
特定のコンテンツについて警告を受けて削除したとしても、たいして痛くない。

3.
コンテンツの種類が文字列とイメージデータに特化されている。
「文字列と画像はタダ」という暗黙の了解があるためつるし上げを食らう可能性が低い。

つまり、ネットの広大さと、著作権の親告罪という性質、これらを盾にしてリスクを回避しているといえる。
もう少しいうと、世界は広大で、コンテンツ製作者は掃いて捨てるほどいて、コンテンツは無尽蔵に供給され続ける、というファンタジーが基盤になってる。
本当に厄介なのはこのファンタジーかもしれない。

「オープンソース」の理解のされ方

なんか不毛な争いが起こっているようですが。
「伽藍とバザールモデル」=「オープンソース」という勘違いについては、NHKがLinuxを紹介する時に「このように、世界中の開発者がネットワークを通じて開発に参加するのがオープンソースなのです!」とやっていたので、まずNHKに抗議を入れるべきだと思う。
まあNHKに抗議ってのは冗句だけど、たぶん多くの人が混同してる。

オープンソース x インターネット x バザールモデルという三位一体がもたらした"現象"に言葉が与えられていないのが問題なのかな。
名付けるなら「オープンソース潮流」とか「オープンソースムーブメント」とか? 「オープンソースカルチャー」は違う意味か。頭文字を取って「OIB」とか。ダサい!

はてなブックマークにコメント評価機能がついたら

はてなブックマークには、他人のコメントにスターを付ける機能はあるが、プラスマイナスの評価をつける機能がない。
「コメントを評価できるようにすればひどいコメントが減るのでは?」という意見がある。
例えばdigg.comのように、コメントにプラスマイナスの評価を付けられるようになったらどうなるか?

digg.comの傾向を見ればわかるけど、プラス評価をもらえるコメントには以下のような特徴がある。
・短い
・笑いを取れる
・閲覧者の志向に合致している
digg.comでは、評価の高いコメントほどページの上部に表示される。
上記の特徴を鑑みると、ページの上部に来るのは、「短くて、受け狙いで、ネチズン(死語)の志向に合致するもの」。
恐らく、現在はてなスターをたくさん貰っているようなコメントが上位に表示されると思う。
これは、はてなブックマークに生じる「場の雰囲気」を強化する方向に働くだろう。
それは「冷静な判断や検証」の機会を損なわせ、「脊髄反射」や「娯楽として食いつくす」といった方向性をますます強めることになる。

結論として、digg.comのような「高評価コメントの上位表示機能」は、はてなブックマークの質を加速度的に低下させる,ってのが私の予想。

「電話でのやり取りを公開」という印象操作テクニック

瀬戸大橋光ケーブル切断でも悪いのは、低リテラシ者を犠牲にネタを作る狂言通報者だった。

まず、当事者でもない人間が電凸する正当な理由がない。あと、電凸されるのは相手先にとって業務上とっても迷惑。
下手な返答ができないし、電凸者は「組織は役割分担されており、組織のある振る舞いについて電話相手が正しく把握している可能性は低い」という社会リテラシが欠けている場合が多く、押し問答になりがち。
電話での会話をそのまま文字として掲載するのは、組織がバカでマヌケで何も考えていないという印象を与えるのに有効なやり方だ。
電話口でカッチリした返答を返すというのは、よほど質問内容に対して精通していないと無理だから、"まともな回答が返ってこないことが期待できる"。

マジコン叩きの不自然さ

何のためのマジコン販売禁止なのだろうか - wiseler : WAR IS PEACE
とか、
ユーザーの倫理観とか自社の使命感とかを前提にビジネスするな - よそ行きの妄想
とかがえらく非難されてるけど、この流れがやけに不自然だ。

だって、マジコンのような製品は、インターネットの先鋭的な民にとって「大っぴらにはいえないが礼賛すべきもの」じゃなかったっけ?

CDに施された様々なプロテクトを解除するのに情熱を傾けた人達。
DeCSSが裁判沙汰になった時、被告の「このプログラムは自己表現なんだ!」という弁明に喝采を送っていた人達。
winnyが登場した時、「これは超流通を実現できるかも」などという思考実験を真剣に行っていた人達。「宣伝の面から考えると、放流されたファイルは放置するのがベスト」とのたまった隊長さん。開発者の逮捕は不当だとする主張を飽きるほど繰り返した人達。
YouTubeやBitTorrentのような無責任スタイルが革新を生むと評価した人達。
フリーオやPV3,PT1を我らが福音と崇める人達。
etc、etc…

作品を生むにはコストがかかる。対価は支払わなければならない。
そういう原則から目を逸らし、「自分が何も貢献しなくても、コンテンツは無限に降り続ける」というTV的な概念を持ち、ダークなツールやサービスを礼賛してきた筈のネットの民。
前例を考えると、肯定とまでは行かなくても
「技術的には見るべき所がある」とか
「今のビジネスモデルが古くなってる証。もっとユーザー本意のモデルが望まれている」
とかいう主張が大勢を占める、ってのが既定路線の筈。
それが、このようなマジコン叩き路線になってしまう理由がどうにも思いつかない。

キャズムを超えろ! の方への返事

専門分野から上1層・下2層ぐらいに興味を持って、知識を仕入れている人と仕事をしたい - キャズムを超えろ!
で、私のブックマークコメントに返事を頂いたので。

私の個人的なコメントに時間を割かせてしまったようで申し訳ありません。
私がこの記事に良くない印象を抱いた理由ですが、
・「自分がそういう人間になりたい」ではなく、「そういう人と仕事をしたい」という、真意を計りかねるタイトル
・「知識を仕入れる」「情報を入手する」のような、一方通行を予感させる言葉
・ちょっと一杯、同期社員にメールしようといった、知り合いの利用をおおっぴらに奨励する描写
・「プロの方からフォローいただきたい」という、お願いとも要求とも取れる表現
上記のような叙述や単語があったので、何やら良くない感じを受けたということです。
これは、この記事を読んだ私がどういう印象を受けたかという "感情的な" 話で、文章の要旨 - 視野拡大のため人脈や環境を活用する - を否定しているわけではありません。
戯れ言と思って捨て置いていただけると有り難いです。

グロテスクな行為 分析という名の嘲笑

あたしオートマトン - 理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 - ファック文芸部
「あたし状態遷移図」、あるいは「あたし約5.2MB」 - 理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 - ファック文芸部

このようなグロテスクな試みを見たのは久しぶりだ。
邪な人形作り、いや、人造人間作りとでもいうべきだろうか。罪人の身体を観察して吟味して切り刻んで人形をつくるかのような。
罪人の醜悪さを受け継いだ人形の存在、さらには、創造行為をパッチワークで疑似再現するという行為そのものが、オリジナルの罪人を嘲笑していることになる。
気に入らない何かを合法的に嘲笑するために、手間暇かけて入念に正確に偏執的に、解体・分析・模写を行う。グロテスクという形容がぴったりくる。

「ネットは全世界に繋がっている」を振りかざす

ログインネームは匿名でも偽名でもないことを知るべきだ
と、
一般常識ブログマナーを訴える人と、全く話がかみ合わないたった一つの理由*ホームページを作る人のネタ帳
とを組み合わせると、「ネット上の公開リソースはもともと全世界から閲覧可能なのだから、それをTVや新聞で流して何の問題があるの?」という論理が生まれないだろうか。
TVや新聞は影響力が桁違いだからNG? ソーシャルブックマークの人気エントリーなんかは大した影響力が無いからOK?
紙媒体や電波媒体への転載はNGで、ネット内での転載はOK?
TVや新聞などの "マスコミュニケーション" は人間の基本機構でなくただの商業行為だからNG? ハイパーリンクはネットの基本機構だからOK?
…なんかスッキリしないな。「ネットは全世界に繋がっている」っていうのは確かにその通りだけど、それを都合のいい時にだけ振りかざしているような印象がある。
プロフィール

waverider

Author:waverider

ああ、沖縄に行きたい…

最近の記事
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。